【東京/大人の絵画教室】講師作品

query_builder 2022/10/02
ブログ
うりぼう

一昨日のブログで年賀状用に描いたコッカースパニエルを載せましたが、他の年賀用作品画像を探していたら見つかりました。

猪親子です。

描き方は一昨日のブログ同様で、明暗や模様に境界を作り、図形化した中に色を置きます。
https://tokyo-kaiga.com/blog/20220930-1470/


主役はウリ坊なので、愛する我が子を見守る形は入れつつも、母イノシシには色をつけていません。



絵全体の印象を作るには、トーンや彩度、タッチ、密度、技法などの様々な方法がありますが、色彩の組合わせも重要になってきます。

9/30のブログのコッカースパニエルはグリーンの同系色、本作の猪は補色(反対色)のイエローヴァイオレットです。
色は、相性の良い色どうしである同系色や補色を合わせると輝き出します。
本作はイエローとバイオレットの補色を多用しています。🟨🟪

実物はもっと暗くても使用する暗い色の限度を決めます。
猪のメインの暗い色はヴァイオレットです。🟪

ヴァイオレットよりも暗い色はアクセント用に大切に取っておきます。
本作でも、目や右から2番目のウリ坊の口と鼻に藍色を使用しています。


アクセントは他にも、暗い色までの範囲を超えた色だけでなく、メインに使用されていない色も有効です。

一匹だけ、おませさんの女子ウリ坊を作りました。
脚がハイヒールの形に似ていることから、セクシーにしてみようと発想しました😄


私の師匠は「絵は、泣かすか脅かすかだ」と言っていました。
私も憂いや驚かせることは画家の心構えとして大切だと思っています。

ただ、私の場合は「泣かす、脅かす」に加え、「諧謔、ユーモア」も大切だと思っています。ですので、しばしば作品にユーモアを仕掛けています。

作品を観ていただいているかたの口角が上がる表情や、「ウフフ」「クスッ」「プッ」という反応が大好物です☺️



平賀太朗

〔東京の絵画教室/平賀美術倶楽部:水彩画、油彩画、アクリル画、パステル画、デッサン、その他様々な特殊技法が学べます。入会金無し。初日から手ぶらでOK。初心者のかたから経験者のかたまでお気軽にお問い合わせください。〕

NEW

  • 【東京/大人の絵画教室】生徒作品

    query_builder 2022/11/26
  • 【東京/大人の絵画教室】生徒作品

    query_builder 2022/11/25
  • 【東京/大人の絵画教室】生徒作品

    query_builder 2022/11/24
  • 【東京/大人の絵画教室】抽象画

    query_builder 2022/11/23
  • 【東京/大人の絵画教室】抽象画

    query_builder 2022/11/22

CATEGORY

ARCHIVE