【東京/大人の絵画教室】人物デッサン

query_builder 2022/07/10
ブログ
人物の描き方

今回も、前回同様9種類の線を駆使しながらデッサンを仕上げます。
全体的に、柔らかい質感(太い線)で肌や服を表現します。


手順は、
形どり(今回はトレース)→9種の線で各形に表情をつける→最も暗い箇所を探し、最大筆圧で描く→ハーフトーン、明るいトーンへと徐々に筆圧を下げながら仕上げる。

人物デッサン

服や肌は、線にスピードを持たせ、偶然できた隙間や塗り残し、はみ出しなどによる絵画的なデッサンに仕上げます。


あくまでも基礎的な描き方です。
人物の肌や髪、服などは、画面上の鉛筆の粉を擦ったりしながら加筆すると写実になりますが、必要に応じて自由制作コースで教えます。


平賀太朗

〔東京の絵画教室/平賀美術倶楽部:水彩画、油彩画、アクリル画、パステル画、デッサン、その他様々な特殊技法が学べます。入会金無し。初日から手ぶらでOK。初心者のかたから経験者のかたまでお気軽にお問い合わせください。〕

NEW

  • 【東京/大人の絵画教室】授業

    query_builder 2022/08/09
  • 【東京/大人の絵画教室】授業

    query_builder 2022/08/08
  • 【東京/大人の絵画教室】生徒作品

    query_builder 2022/08/07
  • 【東京/大人の絵画教室】生徒作品

    query_builder 2022/08/06
  • 【東京/大人の絵画教室】講師作品

    query_builder 2022/08/05

CATEGORY

ARCHIVE