【東京都葛飾区/大人の絵画教室】自由制作コース生徒作品紹介(平賀美術倶楽部、初心者コース10月生募集中/経験者随時募集中)

query_builder 2021/07/21
ブログ
写実画

《平賀美術倶楽部に通われている生徒作品の紹介》


本作は平賀美術倶楽部の会員さんによるものです。


陰影が少なく、奥行きや立体感を出すには難しいモチーフにも関わらず、存在感があり、よく観察して描かれていることが伝わる作品です。


作者は見えるもの全てを徹底的に細かく描くかたで、葉の枚数まで数えているのではないかと思われるほどのリアリズムを持ち味にしています。
細かな筆触のみならず、建物や地面のグレーも面倒がらずに様々な混色を用いて仕上げていますね。


私の教室では、屋外でも描けるようにと、スケッチの描き方の課題も多いのですが、全ての水彩画をスケッチ画にしなければいけないという考えはありません。
重厚で余白のない絵画的な水彩画も、個々の持ち味を生かすためには必要です。



水彩画は18世紀頃から独立した絵画ジャンルとして成長していきますが、当時は余白のないものがほとんどでした。
スケッチ画はありますが、その役割は、今のような手軽に撮影できるカメラが無い時代に、現地で描きたい対象の情報をスケッチし、アトリエに持ち帰ったそれを元に油彩画や水彩画の本着彩をしていました。


スケッチ画に余白があるのは、“必要な情報だけをしっかりと描く”という理由で、周囲を省略して描いているからです。
今の時代は写真があってとても便利ですね。


余白のあるスケッチ画は、今日ではお洒落な軽さが作品として評価され、人気のある作風となりました。



本作はご自宅で描かれた作品ですが、次作でさらにステップアップする方法があります。
よく見ると葉などの筆のタッチが同じで丸みがあります。
お持ちいただいた筆を確認すると、やはり毛先に丸みのあるラウンド(丸筆)8号の中筆1本でしたので、毛先の尖ったもの(リセーブルのホルベインS Qシリーズがおすすめ)と、平筆(極小)を追加購入するようにアドバイスしました。


写実力に優れた生徒さんなので、

「筆を使い分ける=植物の種類を描き分ける」

が可能です。


実は本作の生徒さん、普段はアクリル画を描いていて、アクリル用の筆は充実しています。
※ホームページの生徒作品ギャラリーコーナーにアクリル画【ひまわり】があります。水彩画は写実、アクリル画は部分写実のファインアートです。表現の幅の広さに驚きます。


最近はアクリル画と同時進行で「水彩も基礎から学びたい」という意欲的な姿勢で一生懸命絵に取り組んでいます。
また、多趣味な生徒さんでスポーツウーマンです。


自由制作コースは月謝制ではないので自由に受講日を決めて、多くの趣味を楽しんで欲しいと思っています。

NEW

  • 【東京都葛飾区/大人の絵画教室】自由制作コース生徒作品紹介(平賀美術倶楽部、初心者コース10月生募集...

    query_builder 2021/07/24
  • 【東京都葛飾区/大人の絵画教室】自由制作コース生徒作品紹介(平賀美術倶楽部、初心者コース10月生募集...

    query_builder 2021/07/23
  • 【東京都葛飾区/大人の絵画教室】自由制作コース生徒作品紹介(平賀美術倶楽部、初心者コース10月生募集...

    query_builder 2021/07/21
  • 【東京都葛飾区/大人の絵画教室】自由制作コース生徒作品紹介(平賀美術倶楽部、初心者コース10月生募集...

    query_builder 2021/07/19
  • 【東京都葛飾区/大人の絵画教室】グリザイユ技法(平賀美術倶楽部、初心者コース10月開講、生徒さん募集...

    query_builder 2021/07/18

CATEGORY

ARCHIVE